プロのライターになって稼ぐ方法

ライターの仕事

なかなか楽しいお仕事です。多種多様な記事を書きますので、これまで知らなかった分野の世界を学びながら仕事をし、どんどん知識が増えてゆきます。

 

プロのライターになる方法

まずは編集者になってからプロのライターになるという方法です。

 

「クラウドワークス」に登録

経験を積み、もっと単価の高い仕事をとれるようにするという方法もあるでしょう。

 

 

 

代筆ビジネスの中でも、ライターの仕事はなかなか楽しいお仕事です。多種多様な記事を書きますので、これまで知らなかった分野の世界を学びながら仕事をし、どんどん知識が増えてゆきます。知的好奇心をくすぐる仕事であると言えるでしょう。

 

在宅ワークができる場合もありますし、副業として取り組むこともできます。プロのライターになる方法もあります。プロのライターになって稼げるようになるための方法は色々あります。

 

幾つかの方法を考えましょう。まずは編集者になってからプロのライターになるという方法です。編集者としての経験を積めば、それはライターの仕事にいかせます。

 

編集者の技術を身につけた後に、フリーとなり独立したり、会社の中で部署を変更することができるでしょう。ライターとして活躍されている方の多くは編集者出身とも言われています。専門職となり、後にプロのライターに転身するという方法もあります。

 

例えば、薬剤師さんになり一定程度仕事をした後に、独立して医薬品の分野に強いライターを目指すことができます。IT企業に就職し、専門的な感覚を身に付け、独立してITの分野に強いライターを目指すこともできるでしょう。

 

新卒の方であれば、新卒採用でライターになるという方法もあります。正社員としてプロになれるよう、育ててもらうのです。未経験でも、社内の先輩から研修や指導を受けることもできるかもしれません。転職するという方法もあります。

 

求人サイト、求人広告を探してみましょう。未経験可の中途のライター求人はなかなか少ないですが、求人広告という形をとらずに自社のサイト内でそっと求人を募集する場合もありますので、丁寧に探してみることができます。求人を出していなくても、自分から売り込むという方法もあります。

 

迷惑をかけない常識的な仕方で、問い合わせの会社宛てのメールで入社の希望を伝えたり、会社のFacebookの公式アカウントの中で会社側とコミュニケーションを図ることもできるかもしれません。直接ライターの方に弟子入りし、仕事を回してもらうという方法もあります。

 

他にも、「クラウドワークス」に登録して未経験者向けの仕事の募集に応募してみるところから始め、経験を積み、もっと単価の高い仕事をとれるようにするという方法もあるでしょう。

 

在宅でもできる代筆ビジネスが稼げる理由

在宅でもできる代筆ビジネス

なぜなら、単価の高い案件のお仕事がたくさんあるからです。

 

ライターの仕事を募集しているサイトに登録

そのサイトの中から文字単価1円以上の仕事を検索してみましょう。

 

高額案件のあるサイトに登録

意識して高額案件を探し、高額案件のあるサイトに登録することによって、在宅でも、ライターの仕事で稼ぐことができます。

 

在宅でもできる代筆ビジネスが稼げるのはなぜでしょうか。なぜなら、単価の高い案件のお仕事がたくさんあるからです。代筆ビジネスの中でも、上述のライターの仕事について考えてみましょう。

 

ライターの仕事であれば、まずは、文字単価1円以上の仕事をこなせるようにしてみましょう。文字単価が低いなら、クライアントと交渉してみることもできます。長い付き合いがあれば報酬単価を上げてくれることもあります。

 

ライターの仕事を募集しているサイトに登録して、そこから報酬を得ている方であれば、そのサイトの中から文字単価1円以上の仕事を検索してみましょう。検索しても高額の案件が少ないようであれば、文字単価1円以上の高額案件が多いと考えられているサイトに新たに登録してみることもできます。このように、意識して高額案件を探し、高額案件のあるサイトに登録することによって、在宅でも、ライターの仕事で稼ぐことができます。

 

本業があっても安心なライター副業

 

本業があっても、副業でライターの仕事を行なうことができます。ライターの仕事を紹介してくれるサイトに登録して、好きな時に、好きな分だけ、好きな仕事を受ければ、負担なくライター副業を楽しめるようになります。

 

その時の気分に応じて、様々な分野の仕事を受けることができるよう、複数のサイトに登録してみることもできるでしょう。

 

タイプライター副業の楽しみ方は色々あると思うのですが、例えば、限られた時間の中で、単価の高い仕事を少しだけ行なうようにしたり、逆に、単価の安い仕事をたくさんこなすようにしたりすることもできます。まずは、限られた時間の中で、単価の高い仕事を少しだけ行なうことについて考えてみましょう。

 

売上に直結するような仕事であったり、専門的なスキルが必要で書ける人が限られているような記事ですと、1文字あたりの単価が高くなり、たくさんの文字数を書かなくとも満足の行く収入が得られる場合もあります。文字単価が1円未満の仕事も存在する一方、文字単価が6円から10円というような案件が見つかることがあるようです。文字単価10円ですと、仮1,000字書いただけでも10,000円になるのですからすごいですね。

 

次に、限られた時間の中で、単価の安い仕事をたくさんこなすことについて考えてみましょう。副業ですので、過度に頭を使うのは疲れるから嫌だという方もおいでになるのではないでしょうか。そのような方であれば、限られた時間の中で単価の低い仕事をスピード感を持って、ひたすら機械的にこなすということもできるかもしれません。

 

機械的にこなせるような内容のお仕事なので、単価は低いのですが、数をこなしてそれなりの副業収入にしてゆくというわけです。

 

いずれにしても、ライター業務は、好きな時に、好きな分だけ、好きな仕事を受けることができますので、副業にも向いている仕事であると言えるでしょう。本業があったとしても安心して、自分のペースで取り組んで行くことができます。

 

文字を仕事にできる資格の選び方

 

在宅でもできる代筆ビジネスとして、上記のようなWebの世界でのライターの仕事があります。美しい言葉を用いて、人に喜ばれる、高いレベルの文章力が発揮できるなら、役立つことでしょう。

 

他にも、例えば、秘書のお仕事として、手書きでビジネス文書を代筆するというケースもあるかもしれません。そんな時、敬語、季語などの持つ効果や意味などを把握しているなら、受け取る側にとって心地良い文書を作成することができるでしょう。

 

このような文字を用いて行なう仕事に就く上で役立つ資格があるでしょうか。まずは、「手紙ライター」や「レターライター」を挙げることができます。これらの資格については後ほど詳しく考えます。

 

文字を仕事にできる資格を選ぶ際には、こうした資格も検討してみることができるでしょう。

 

在宅でもできる代筆ビジネスとして、Webの世界でのライターの仕事があります。美しい言葉を用いて、人に喜ばれる、高いレベルの文章力が発揮できるなら、役立つことでしょう。

要点を紹介するキャラクター

 

副業にもできるライター資格ランキング

 

画像名を入力

手紙ライターの特徴

手紙ライターは、日本インストラクター技術協会(JIA)が主催する資格です。

相手に親しみの伝わる手紙を書くことができ、文章の構成から手紙を書く際に必要とされる知識や常識を理解し、レベルの高い文章力を身につけた方が認定される資格となっています。

総合評価 評価4.5
使いやすさ 評価4.5
掲載情報量 評価4.5
手紙ライターの総評
  • 相手に親しみの伝わる手紙を書くことができる
  • 文章の構成から手紙を書く際に必要とされる知識や常識を理解
  • レベルの高い文章力を身につけた方
公式サイトへ

 

画像名を入力

レターライターの特徴

レターライターは、日本デザインプランナー協会(JDP)が主催する資格です。

日本語の美しい言葉、そして言葉遣い、敬語、季語などの持つ効果や意味を理解し、手紙を書くに当たってそれらを実践することができ、人に喜ばれる手紙を書くことができる、そのような方に認定される資格のことです。

総合評価 評価4
使いやすさ 評価4
掲載情報量 評価4
レターライターの総評
  • 日本語の美しい言葉、そして言葉遣い、敬語、季語などの持つ効果や意味を理解
  • 手紙を書くに当たってそれらを実践することができる
  • 人に喜ばれる手紙を書くことができる
公式サイトへ
第1位:手紙ライター
(https://www.jpinstructor.org/shikaku/tegamiletter/)

手紙ライターは、日本インストラクター技術協会(JIA)が主催する資格です。
相手に親しみの伝わる手紙を書くことができ、文章の構成から手紙を書く際に必要とされる知識や常識を理解し、レベルの高い文章力を身につけた方が認定される資格となっています。「諒設計アーキテクトラーニング」は、手紙ライターの資格取得のための「レターライターW資格取得講座」を通信講座で提供しています。

 

「諒設計アーキテクトラーニング」の通信講座は、通信教育スクール.netのアンケートで「満足した通信講座1位」に選ばれました。自宅で手紙ライター資格だけでなくレターライター資格も取得することが可能となっています。この講座は手紙ライター資格を主催する日本インストラクター技術協会、そして、レターライター資格を主催する日本デザインプランナー協会より指定講座として認定されていますので、試験免除で資格が取れるのです。
確実に資格を取得したいと思われている方にもぴったりの講座となっています。

 

第2位:レターライター
(https://www.designshikaku.net/test/letterwriting/)

レターライターは、日本デザインプランナー協会(JDP)が主催する資格です。
日本語の美しい言葉、そして言葉遣い、敬語、季語などの持つ効果や意味を理解し、手紙を書くに当たってそれらを実践することができ、人に喜ばれる手紙を書くことができる、そのような方に認定される資格のことです。

 

通信教育・通信講座のSARAスクールジャパンでは、レターライティング資格取得講座の基本コース、プラチナコースが準備されており、レターライター資格だけでなく、手紙ライター資格も取得することが可能となっています。SARAスクールジャパンで使用する教材はすべて完全オリジナルで、初心者でもわかりやすい内容となっています。SARAスクールジャパンの講座は「輝ける女性部門第1位」、「美しくなれる通信教育部門第1位」などにも選ばれたことがあります。

 

こうした通信講座を活用する方が資格を早く取得できるかもしれません。わからないことがあれば、プロの指導者に個別質問ができるようにもなっているので安心です。

 

稼げるのは「代筆ライター資格」

レベルの高い文章力を身につけた方が認定される資格
手紙ライター認定試験は在宅受験が可能
高い文書スキルを持ったライター

手紙ライター資格とは、相手に親しみの伝わる手紙を書くことができ、文章の構成から手紙を書く際に必要とされる知識や常識を理解し、レベルの高い文章力を身につけた方が認定される資格となっています。

 

認定するのは、日本インストラクター技術協会という機関です。
人がたくさんいる試験会場は落ち着かない、圧倒されて本来の力が発揮できないという方もいらっしゃることでしょう。どうぞご安心ください。

 

手紙ライター認定試験は在宅受験が可能となっています。受講料もそれほど高くはありません。10,000円(消費税込み)です。そして、合格基準も過度に高くありません。70%以上の評価で合格できます。受験資格も特にありません。

 

実務経験などが必要となりますと、取得までに時間がかかりますし、それだけで面倒に感じてしまうものですが、手紙ライター資格の取得には実務経験は不要なのです。気軽にトライすることができるようになっています。申し込みはインターネットで行います。

 

偶数月の20〜25日が試験期間です。そして答案の提出はその月の終わり頃までに返送することになります。試験は偶数月に行われています。

 

確かにインターネットやSNSの普及に伴い、形式を踏まえた文章をやり取りする機会は減ってきているのかもしれません。しかしながら今日でも社会人として、季節に応じた言葉、敬語の意味、正しい手紙の書き方などは必要な知識であると言えるでしょう。文章力を身に付けるなら、ビジネスや実生活で役立ちます。

 

ビジネスの分野では、高い文章力を身に付けることができるなら、高い文書スキルを持ったライター限定の高い報酬の仕事に取り組むこともできるようになります。Webライターとして、文字単価が6円から10円というような案件を見つけるのも夢ではないかもしれません。場合によっては、在宅で月50万円稼ぐというようなこともあり得るかもしれません。

 

手紙の書きかた資格はこちら

 

まとめ

代筆ビジネスの中でも、ライターの仕事はなかなか楽しいお仕事です。多種多様な記事を書きますので、これまで知らなかった分野の世界を学びながら仕事をし、どんどん知識が増えてゆきます。知的好奇心をくすぐる仕事であると言えるでしょう。

 

在宅ワークができる場合もありますし、副業として取り組むこともできます。プロのライターになる方法もあります。文字単価1円以上の仕事をこなせるようにしてみましょう。

 

文字単価が低いなら、クライアントと交渉してみることもできます。長い付き合いがあれば報酬単価を上げてくれることもあります。ライターの仕事を募集しているサイトに登録して、そこから報酬を得ている方であれば、そのサイトの中から文字単価1円以上の仕事を検索してみましょう。

 

検索しても高額の案件が少ないようであれば、文字単価1円以上の高額案件が多いと考えられているサイトに新たに登録してみることもできます。定期的に仕事をこなせれば、月20万円以上稼ぐことも十分可能な、高額案件を紹介してくれるサイトもあります。ライターの仕事を紹介してくれるサイトに登録して、好きな時に、好きな分だけ、好きな仕事を受ければ、負担なく副業としてライターで稼ぐこともできます。

 

売上に直結するような仕事であったり、専門的なスキルが必要で書ける人が限られているような記事ですと、1文字あたりの単価が高くなり、たくさんの文字数を書かなくとも満足の行く収入が得られる場合もあります。

 

文字を用いて行なう仕事に就く上で役立つ資格として、「手紙ライター」や「レターライター」を挙げることができます。高い文章力を身に付けることができるなら、高い文書スキルを持ったライター限定の高い報酬の仕事に取り組むこともできるようになります。

 

資格取得のための通信講座もありますので、活用してスムーズに勉強を進めることもできます。この機会に、こうした資格を検討してみるのはいかがでしょうか。

更新履歴