文章を読みまくってテクニックを盗もう

文章を書くことに苦手意識を持っている方は少なくないと思います。子供の頃から作文や読書感想文を書く時間がとにかく苦痛で仕方がなかった、大学のレポートや論文提出が憂うつだ、会社で提案書をまとめるのがおっくう…など文章能力に自信がない人はどうしたら書き方のテクニックを学ぶことができるでしょうか。それにはやはり文章を読む必要があります。

 

書くことに苦手意識を持っている人は読むこともあまりしていない人が多いと見受けます。でも他の人の書いたものを読めば読むほど、書くことも必ず上手になります。それは読んでいると「この文章分かりやすいな」「この書き方真似してみたいな」という部分が必ず出てくるからです。文章が上手な人のテクニックを盗んで真似をするだけで、文章の書き方の知識も増えていくに違いありません。

 

基本の文章の書き方をおさえておこう

まず基本的な文章の書き方をとにかく押さえておきましょう。覚えておきたいのは「わかりやすくて印象に残る文章にする」ということです。その点でまず大事になってくるのは「伝えたいことを一つに絞る」ことです。つまり結論や文章のゴールだけを先に決めるということです。その「伝えたいこと」の的を絞ってそこから視点がずれないと読み手はその文章のポイントを掴みやすくなります。

 

二つ目にできることは、情報を整理することです。伝えたい内容に沿って色んな情報を調べていくと思いますが、あまりに情報過多になりすぎると混乱してきます。参考として調べて知識を得ることは大切ですが、それと同時に使うものとそうでないものをきちんと整理して取捨選択することも必要でしょう。そうして文章を構成していけば良いのです。

 

読み手の興味や関心を引いて印象を残そう

せっかく書くなら読み手の興味や関心を引き込めるような文章を書きたいですね。「興味や関心を起こさせる」書き方のテクニックをお伝えしたいと思います。一つは読み手に「なぜ?」という感情を起こさせる方法です。そのために結論を先に述べて、そこに至るまでの過程や経緯に関心を集めるやり方が効果的です。

 

人は結果や結論よりも、「なぜそうなったのか」「どうしてそうできるのか」といった方法や理由を知りたいと思う傾向があるのでそこに注意を向ける書き方をすると印象を残せるでしょう。そしてもう一つは「イメージしやすい」と思わせる事です。書くときには視覚だけでなく聴覚や味覚など五感に訴える書き方をすると、読み手は文章から様々な物への想像が掻き立てられイメージが鮮明になってきます。それが興味や関心につながっていくわけです。

 

まとめ

読む人に印象を残すためには簡単に言うと、「要点は絞って簡潔に」「興味や関心を起こす」ことです。

 

文章の書き方は他にもたくさんありますのでたくさん文章を読んでテクニックを盗んで仕事などにも生かしていってほしいと思います。

関連ページ

文章や文字を仕事にしよう
文章を書いたり読むことが好きだという方、文字で何かを表現することが得意だという方はいらっしゃるのではないでしょうか。世の中には小説家、脚本家、記者やジャーナリストのように文字や文章を書くことで生計を立てている職業がたくさんあります。
ビジネス文書の書き方とアピール方法
社会人として仕事を始めると常識としてビジネスマナーや電話の応対の仕方を学ぶことが求められます。それと同じくらい大事になってくるのは、業務を行なう上で社内の人にであれ、外部の取引先にであれ要件を文章にして伝える、いわゆる「ビジネス文書」です。
行政書士や司法書士にもおすすめの副業
「クラウドソーシングサービス」という言葉をお聞きになったことがおありでしょうか?IT用語辞典によると、”クラウドソーシングとは、インターネットを利用して不特定多数の人に業務を発注したり、受注者の募集を行なうこと。
在宅ワークのメリットとデメリット
自宅にいながらできる仕事にはどんなものがあるでしょうか。内職のような手作業、データ入力やライティング、アンケートモニターのような仕事もあるでしょう。翻訳や通訳、Webデザインやイラストなど、専門的な資格を持っている人ができる仕事もあります。
文字の仕事を効率化する方法
在宅ワークとして今人気のあるライティングの仕事ですが、最初はやはり慣れるまで時間がかかるものです。タイプを打つ事に慣れていないかもしれませんし、記事を探して調べて自分の言葉で文章を作成して…となると結構な時間もかかります。
ニュースレターやパンフレットも作れる
ニュースレターやパンフレットはふつう会社やお店が顧客や既存客との関係を深めるためのツールとして用いられています。いわゆる手書き新聞のようなものです。お客さんに役立つ新しい情報や、興味がありそうなトピックスを載せたり、「お客さんの声」を載せることで企業側へのお客の信用が深められていきます。
広告デザインにも挑戦しよう
広告のデザイナーと言っても業種や仕事内容はさまざまです。例えば「グラフィックデザイナー」は広告代理店や企画担当からの依頼に基づき、コンセプトや対象になるものに合わせて印刷物のデザインをします。
インパクトを与えるための書き方
言葉には力があります。たとえばパッと目を引いたキャッチコピーに惹かれて映画を見たとか、商品を購入したという経験はありませんか?人を引き付け魅了する言葉はたいてい説得力や確信がこもっていたり、見聞きする人の心を動かします。
ビジネス文書を代筆する時のポイント
社外の人や企業に送る際には、その時期に合わせた「時候の挨拶」を入れること、「拝啓」「謹啓」といった頭語や「敬具」「敬白」のような結語をマナーとして正しく使用しないと会社全体に恥をかかせてしまう結果にもなりかねません。
ビジネスレターの代筆で稼げる金額
依頼主と何度もやり取りを重ね、考えや思いを理解して代筆してくれるので、他人が書いたものになるわけではなく、苦手な文章を少し手伝ってもらえたという意識で代筆をお願いすることができます
代筆ビジネスに欠かせない道具と費用
コンテンツを載せる媒体として現代用いられるのがウェブサイトです。ウェブ上に掲載された記事が拡散されて、よりたくさんの集客をはかり企業の利益に結び付けるというわけです。
在宅ワークに必須の道具とスキル
子育てをしていたり、病気を抱えていて外に出られないといった事情で自宅でできる仕事をお探しの方は多いと思います。給料が安いのでさらなる副収入を得るために副業をしたいと思っている方もいるのではないでしょうか。
在宅ワークに求められる仕事品質
在宅ワークは自分で好きな時間を選べて好きなペースで行なえるメリットがあります。その反面在宅で行なう仕事は基本ひとりなので、人の目がない分集中がすぐに途切れたり、他のことに気がとられてしまう事も多いかもしれません。
高度なライティングに必須のスキルと知識
ネットの普及に伴って知りたいことの情報を調べたり、商品の購入をネットで行なう人の割合も増えてきました。それでさまざまな企業もインターネットを用いたビジネスに力を入れています。
ライターに必須の作業道具
ライティングの仕事に人気が集まっているのは準備するものがさほど多くない、つまり初期投資が少なくて済むという利点があるからです。しかし最低限これだけは用意しないと、というものもあります
在宅ワークに伴う公的手続き
ご自分の収入だけでは足りないので副業として在宅ワークを行われる方、子育てをしているなどの理由で外に働きに出られないので空いた時間を活用して在宅ワークをして報酬を得ている方がいらっしゃると思います。
ライターのスキルを身につけるまでの期間
在宅ワークとして誰でも手軽に始められる仕事として人気なのがライターの仕事です。しかし最初のうちは記事の構成や文章の書き方に手間取ったり、情報探しに時間がかかったりと地道な作業や手間ひまがかかる割には望んでいた収入が求められないと感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
大学生から始めるライターの仕事
アルバイトをして大学生活を送っている方は多いですね。仕送り額だけではやっていけない、友達と食事に行ったり洋服を買うのにもっとお金が必要だ…などアルバイトをする理由はざまざまだと思いますが、学生は勉強が本業ですからバイトとの両立は大変です。
雑誌のライターになるには
私たちが普段目にする雑誌にはさまざまなジャンルのものや年齢層のものがあります。「雑誌ライター」とは出版社や編集者から企画依頼を受けたり、自分で企画した内容のものを取材したり資料を集めて文章を作成していきます。
ウェブメディアのライターになるには
ウェブメディアは目的や用途によっていろいろなジャンルがあり、それぞれにメリットがあります。ウェブメディアのライターとしてこれからコンテンツを書こうと思っている人はメディアの違いや特徴をよく理解することでたくさんの人に見てもらうコンテンツを作成することができるに違いありません。
手紙の代筆が人気の理由
時代はネット社会になりパソコンやスマートフォン、タブレットなどの普及もあって、相手とのコミュニケーションの取り方も自分の字で手紙を書くよりメールやワードを使った手紙や文書が主になっています。
高齢者に人気の代筆と事業の始め方
日本は「超高齢化社会」と言われ、現在総人口のうち65歳以上の高齢者の割合は過去最高となりました。なんと80歳以上の方は1千万人を超えており、4人に1人が高齢者という社会になっています。
代筆ビジネスを始めるには
代筆ワークと呼ばれるものには様々な種類やジャンルのものがあります。企業がマーケティングを行なう上でウェブ上に乗せたいコンテンツを企業に代わって書く、ブログやツイッターの執筆の代行、取引相手や大切なお客様に出す手紙を代筆する、他にもたくさんあります。
在宅ワーカーになるには
在宅ワークには自由は多くてもその分収入は外で働くよりは少ないというデメリットもあります。収入も条件も内容もクライアント次第なので自分の希望する通りにはいかない場合もあるということも覚えておく必要があります。