手書きが伝える「まごころ」とは

パソコンやスマートフォン、タブレットなどデジタル機器が普及したことにより、相手とのコミュニケーションの取り方も手紙を自筆で書くことよりもメールでのやり取りが主流になっています。でもそんな今だからこそ時間や手間をかけて手書きで書き上げることにより、相手側に「まごころ」を伝えることの価値や良さが見直されるようになってきています。

 

実際、美容業界や不動産業界、通販事業の企業においてお客様に請求書や納品書等を送る際に手書きでお礼のひと言やメッセージを添えている会社は売り上げがグンと挙がっているという実績が見られています。相手との関わりが少ないこの時代だからこそ、手書きによってこちら側の感謝や真心の気持ちを伝えることで、人との信頼関係や評判を築いていけると言えるのかもしれません。

 

せっかくならきれいな字で「まごころ」を伝えたい

手書きで相手に感謝や思いを伝えたいとは思うけれど、字が汚くて恥ずかしい、こんな字は見せられないという方も少なくないと思います。「字は人を表す」という言葉にあるように字を見ると書いた人の個性や人となりも何となく見えてくるものです。大人になって今さら字体は変えられないし…と思うでしょうか。今からでも遅くはありません、最近は大人らしいきれいな字を書きたいと思って通信講座でボールペン字や筆ペンを習っている方も増えています。

 

社会人になってから何かと手書きで書く機会は多いものです。履歴書や契約書、会社の資料を作成する、礼状を書く、自筆のサインなど、せっかくですからきれいな字を手に入れられたら、手書きの言葉も自信をもって書けるようになるかもしれませんし、相手側に伝わるイメージはさらにアップすると言えるでしょう。

 

筆ペンやボールペン字を習得して活用しよう

筆ペンやボールペン字を習ってきれいな字を書けるようになるとさらに活用できる場があります。実は代わりに手紙や礼状、年賀状、案内状を代筆してくれる「代筆ビジネス」というのがいま注目されているんです。思いを手書きにして伝えたい、でも忙しくて手書きで書く時間は取れない方という方や、自分の字には自信がないから代わりにきれいな字で書いてもらいたいという個人や企業の方によって利用されている代筆を代行する仕事です。

 

筆ペンやボールペン字を習得されている方はこうした代筆のお仕事をすることもできます。頼まれた案件をご自宅で行なえる在宅ワークとして今注目されていますし、活躍の場が広がっている仕事となっています。

 

まとめ

デジタル社会と言われる現代だからこそ、手書きで書くことは人に良い印象を与え絆や信用を深めるのにも一役買ってくれるでしょう。

 

そしてせっかくならきれいな字を手に入れると、印象もさらに良くなりますし、美文字を生かした仕事にも役立つに違いありません。

関連ページ

ライターになるには
在宅ワークとしても近年人気を集めているウェブライターですが、初めてライター業を仕事にする人はファーストステップとして何を準備しておくべきでしょうか。基本的にライティングの仕事は初期投資が少なくて良いと言う事で人気を集めています。
手紙の代筆でビジネスサポート
最近の企業の多くはウェブ上でコンテンツマーケティングという手法で企業の売り込みや宣伝を行ないます。企業はより多くのコンテンツを作ってビジネスを拡大しユーザーを増やしたいと考えていますが、アイディアを考えコンテンツを作成するには多くの時間や労力が求められてきます。
副業でできる代筆ビジネスの魅力
インターネットが普及したことにより「ライター」という職業の需要も多くなりました。「ウェブライター」や「コピーライター」は企業の代わりに記事や原稿を代筆することもあれば、ブログやツイッターの執筆を代行することもあります。
ネットライターの副業で稼げる金額
自分の空いている時間を使って、インターネットが使用できる環境であればどこでも場所を選ばずに行なえる仕事とあって子育てをしている主婦の方や、比較的自由に仕事を行なえる環境にある方にとても人気のある在宅ワークとなっています。