文章を書くことが好き!そんな人にすすめたい

インターネットが普及したことにより「ライター」という職業の需要も多くなりました。「ウェブライター」や「コピーライター」は企業の代わりに記事や原稿を代筆することもあれば、ブログやツイッターの執筆を代行することもあります。

 

ブログや日記を毎日書いている人や、考えを文字にすることが好きだという人、いろんなことに興味をもって知識を深めたい人にとって「代筆ビジネス」はぴったりの仕事と言えます。

 

代筆ビジネスを副業にしよう

代筆業の仕事に関わっている方の中には、企業に専属として在籍して企業が必要とするニーズに応え、コンテンツマーケティングに携わるプロやフリーのライターもいます。しかし近年は代筆業のニーズが高まっているため、自宅でクライアントから仕事の依頼を受けて文章を書く事を副業や収入の足しとして行なっている方がたくさんいます。サイトやブログを作るために記事を書いてくれる人が必要とされているのです。

 

この「代筆ビジネス」は、自分の空いている時間を活用でき、インターネットが使える環境であれば場所を選ばずどこででもできる仕事とあって子育てをしているなどの理由で外で働けない主婦の方や、会社勤めをしているが自宅に帰ってから収入の足しとして副業をしたい方、空き時間を有効に活用したい大学生のバイトとして人気の在宅ワークとなっています。

 

副業でいくらもらえるか知りたい

やはりいちばん気になるところは「代筆ビジネス」でいったいどれだけ稼げるかという点だと思います。もちろん経験のない方が代筆業を始めるのであれば、記事や文章の書き方に手間取ったり、情報探しに時間がかかったりと慣れるまでに時間がかかりますから、その割には自分が望む収入になかなか達しないと感じる方もいらっしゃるでしょう。また報酬は記事の内容や文字数、クライアントによっても変わります。

 

最初のうちは「一文字0,4円」とか「1000文字300円」といったレベルでの代筆ワークになると思いますが、この人は質の良い内容を書いてくれると信頼が得られると単価も上がってきます。仕事に慣れてくれば作業効率も上がってきますし、条件の良い仕事を選ぶこともできるようになってくるでしょう。望む額はそれぞれ違うと思いますが、代筆の仕事で月2,3万円報酬として得ている方もいますし、月10〜20万円を稼いでいる方もいます。

 

まとめ

時間も自由に使えて、スキルや資格を求められることもなく、パソコンとネット環境さえ基本あればどこででもできる「代筆ビジネス」は副業として始めるにはたいへんおいしい仕事と言えるに違いありません。

 

「クラウドソーシング」を活用すればさらに安定して仕事の発注を受けることもできる、便利で需要も多い「代筆ビジネス」を始めてみませんか。

関連ページ

ライターになるには
在宅ワークとしても近年人気を集めているウェブライターですが、初めてライター業を仕事にする人はファーストステップとして何を準備しておくべきでしょうか。基本的にライティングの仕事は初期投資が少なくて良いと言う事で人気を集めています。
手紙の代筆でビジネスサポート
最近の企業の多くはウェブ上でコンテンツマーケティングという手法で企業の売り込みや宣伝を行ないます。企業はより多くのコンテンツを作ってビジネスを拡大しユーザーを増やしたいと考えていますが、アイディアを考えコンテンツを作成するには多くの時間や労力が求められてきます。
筆ペンやボールペン字を習得しよう
パソコンやスマートフォン、タブレットなどデジタル機器が普及したことにより、相手とのコミュニケーションの取り方も手紙を自筆で書くことよりもメールでのやり取りが主流になっています。
ネットライターの副業で稼げる金額
自分の空いている時間を使って、インターネットが使用できる環境であればどこでも場所を選ばずに行なえる仕事とあって子育てをしている主婦の方や、比較的自由に仕事を行なえる環境にある方にとても人気のある在宅ワークとなっています。