ネットライターの仕事をしよう

インターネットがおもな情報ツールとなっている現在、Web上の記事やコンテンツを書く「ネットライター」の需要がとても多くなっています。中には企業に専属として在籍しているプロやフリーのライターもいますが、自宅で仕事の依頼を受けて記事を書き納品して収入を得られる在宅のネットライティングを副業や収入の足しとして行っている方がたくさんいます。

 

サイトやブログを作るために記事を書いてくれる人が必要とされているのです。自分の空いている時間を使って、インターネットが使用できる環境であればどこでも場所を選ばずに行なえる仕事とあって子育てをしている主婦の方や、比較的自由に仕事を行なえる環境にある方にとても人気のある在宅ワークとなっています。

 

いくらもらえるの?気になる収入は

やはり気になるのは在宅の仕事でいったいどれだけの報酬が得られるのかというところだと思います。もちろん報酬は記事の内容や文字数、さらには仕事を依頼してくれるクライアントによって変わってきますし、より専門的な知識が求められる記事は単価が高くなってきます。最初のうちは「一文字0,4円」とか「1000文字300円」といった感じでスタートすることが多いと思いますが、この人はきちんとした記事を書いてくれるとクライアントからの信頼が得られると単価も上がってくるようです。

 

最初は「この仕事ほんとうに割が合うの?」と思うかもしれませんが、仕事の慣れで効率も上がってきますし、評価と実績を上げることでさらによい条件の仕事をもらえるようになります。月2,3万円という方もいますし、月10〜20万円を在宅のネットライターとして稼いでいる方もいます。副業としてはおいしい仕事だと言えるでしょう。

 

ネットライターの仕事がたくさん欲しい方のために

ネットライターの仕事をやってみたいけれどなにせ初心者だし、どこから仕事の依頼を受けたら良いのか分からないという方も多いでしょう。そんな方におすすめなのは、クラウドソーシングサービスを利用して仕事を受けるという方法です。「クラウドソーシング」とはインターネットを利用して仕事の受発注を受けられるWebサービスのことです。

 

登録も無料で、すぐに仕事が始められますし、自分のスキルや希望に合った案件を選んで応募できるのでたいへん便利なサービスと言えます。安定して仕事をもらいたい、仕事内容を自分で選びたい、ライターとしての実績を重ねたいという方にぜひおすすめしたいと思います。

 

まとめ

あくまで「副業」ですから、この仕事だけで食べていくのはかなり難しいと思いますが、パソコンやスマホなどのデジタル機器とネット環境さえあれば、特別な資格やスキルがなくてもどなたでも始められる仕事なので、

 

空いた時間や休日を活用してもう少し収入やお小遣いを増やしたい方はぜひ副業として始めてみられるのはいかがでしょうか。

関連ページ

ライターになるには
在宅ワークとしても近年人気を集めているウェブライターですが、初めてライター業を仕事にする人はファーストステップとして何を準備しておくべきでしょうか。基本的にライティングの仕事は初期投資が少なくて良いと言う事で人気を集めています。
手紙の代筆でビジネスサポート
最近の企業の多くはウェブ上でコンテンツマーケティングという手法で企業の売り込みや宣伝を行ないます。企業はより多くのコンテンツを作ってビジネスを拡大しユーザーを増やしたいと考えていますが、アイディアを考えコンテンツを作成するには多くの時間や労力が求められてきます。
筆ペンやボールペン字を習得しよう
パソコンやスマートフォン、タブレットなどデジタル機器が普及したことにより、相手とのコミュニケーションの取り方も手紙を自筆で書くことよりもメールでのやり取りが主流になっています。
副業でできる代筆ビジネスの魅力
インターネットが普及したことにより「ライター」という職業の需要も多くなりました。「ウェブライター」や「コピーライター」は企業の代わりに記事や原稿を代筆することもあれば、ブログやツイッターの執筆を代行することもあります。